十勝石(とかちいし)って一体なんなの!?上士幌町にある十勝工芸社で『黒曜石の世界』を楽しもう!

十勝石アイキャッチ

皆さんは「十勝石」って聞いたことありますか?

北海道・十勝が地元の人なら誰でも知ってる不思議な石、それが「十勝石」です。

この記事ではそんな「十勝石」上士幌町にある十勝工芸社〜ギャラリーショップ十勝石〜を紹介します!

十勝石とは一体なに?

黒曜石(十勝石)

十勝石の読み方はそのまま「とかちいし」です。

十勝石の正式名称は「黒曜石(こくようせき)」と言います。これは日本の各地に産地があります。

しかし日本一の原産地は北海道。北海道でとれた黒曜石のことを現地では通称「十勝石」と呼んでいます。

黒曜石とは

黒曜石とは火山岩の一種で、マグマが急激に冷え固まることで出来る黒色天然ガラス状の石です。

今から150万年前に、北海道の中央高地大雪山の激しい火山活動によって生まれたのが十勝石(黒曜石)です。

十勝工芸社〜ギャラリーショップ十勝石〜

黒曜石(十勝石)ショップ


〒080-1408 北海道河東郡上士幌町字上士幌清水谷243−3

十勝石の美しさを作品にしたギャラリーが、熱気球やふるさと納税で盛り上がる上士幌という町にあります。

十勝工芸社〜ギャラリーショップ十勝石〜の駐車場

十勝工芸社の駐車場は車が3台ぐらい停められるスペースがあり、よくライダーが乗っている大きなバイクが停まっているのを目にします。

十勝石(黒曜石)の世界

十勝石工芸社外観

十勝石(黒曜石)の美しさに魅了され、作品作りをスタートさせ、オリジナルの工芸品を販売するまでになりました。

黒曜石(十勝石)

入り口にあるこの可愛い石たちはオリジナルキャラクター「元気くん」シリーズです。

十勝石工芸社の工芸品

十勝石の平面加工で仕上げた美しいオリジナル工芸品。

傷や不純物を取り除きながら、およそ10の工程の研磨によって黒曜石本来の光沢を引き出し、出来上がった石の形を見てからどのような絵を彫刻するか決めてから仕上げるそうです。

白っぽく見える部分が彫った部分です。

十勝石工芸社の工芸品

美しい誕生日の12星座をペンダントにしたもの。大切な人へのプレゼントとしてオススメしていました。

十勝石工芸社の工芸品

十勝石(黒曜石)の原点は「矢じり」です。天然のガラスなので割ると貝殻状に割れ、旧石器時代から石器となってきました。

十勝石工芸社の工芸品

およそ1万年前の石槍が飾られていました。十勝石(黒曜石)は人類の進化にとってかけがえのない石なのです。

十勝石工芸社の工芸品

圧巻のミヤマクワガタ。十勝石(黒曜石)の研磨だけでここまでのクオリティの作品が生み出せるものなんですね!

十勝工芸社〜ギャラリーショップ十勝石〜の営業時間などの店舗情報

十勝工芸社~ギャラリーショップ十勝石~
電話/01564-2-2165

営業時間/9:30~18:00

定休日/毎週水曜日

ホームページ

十勝石(黒曜石)まとめると

十勝石(黒曜石)

黒曜石の石言葉は「集中力」「不思議」「潜在能力の開花」です。
パワーストーンとしての価値も高いそうで、石好きの間では根強い人気を誇っています。

実は川原や山などで拾うこともできるんですが、昔ほど多くないということでインターネットなどで買う人も多いみたいです。

上士幌町の隣りにある士幌という町の「道の駅ピア21しほろ」でも安く買えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です