ふるさと納税とは?今さら人に聞けない新常識のやり方と上士幌町の返礼品を紹介!

ふるさと納税アイキャッチ画像

2008年からスタートしたふるさと納税制度。「ふるさと納税」という言葉を聞いたことがない人はいよいよいなくなりそうな勢いで世間に浸透しています。

しかしながら、制度の名前を知っているのと、制度自体を詳しく知っていて、なおかつ活用してる人は果たしてどのくらいいるのか。

この記事では今さら人には聞けない、新時代の常識とも言える「ふるさと納税」のことをどこよりも詳しく、どこよりもわかりやすく解説していきます!

ふるさと納税とは

ふるさと納税とはズバリ、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。

「ふるさとを応援したい」「ふるさとのために何かしたい」という想いを寄付金で実現させます。

自治体の中には、特産品のPRも兼ねて、寄付をされた個人に対して返礼品(感謝特典)を送っているところもあります。

上士幌町ふるさと納税の魅力

上士幌町の特産品を返礼の品として受け取れる

上士幌町に寄付すると、上士幌町の名産品を楽しめるのもふるさと納税の最大の魅力のひとつ。

多くの自治体では寄附への感謝として、地域の名産品などを「お礼の品」として寄附者に届けています。

上士幌町にとっても「お礼の品」を通じて、上士幌町の名産品や産業を全国の人に知ってもらえる貴重な機会にもなっています。

税金が控除される

ふるさと納税では控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

ちなみに控除上限額は、収入や家族構成によって変わってきますので注意が必要です。

上士幌町を寄附で応援できる

たとえ上士幌町が生まれ故郷でなくても、応援したいという思いで寄附できるのがふるさと納税。

寄附先の数や金額、回数に上限はなく、自分の控除上限額内であれば、実質2,000円の負担で上士幌町を応援できます。

寄附金の使い道を指定できる

ふるさと納税では、寄附金を上士幌町がどのように使用するのか、その用途を選択することができます。

寄附金の使い道の観点から、寄附先の自治体を選ぶこともできます。

上士幌町の寄附金の使い道については下記のリンクに詳しくあります↓

ふるさと納税の仕組みについて

ふるさと納税は、自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を越える部分について税金が控除されます。

税金控除を受けるために必要なもの

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

税金控除を受けるために必要なのが、このふたつのどちらかの適用に関する申請です。

ワンストップ特例制度がカンタンで便利!

確定申告をしないで税金控除が受けられるのが「ワンストップ特例制度」です。

税務署に寄附金受領証明書を確定申告書類と共に提出しなくても、申請書を寄附した自治体に送れば税金が控除されます!

申請書を自治体に送るだけなのでとてもカンタンで便利です。

注意すべきとこは

  • 年間の寄附先が5自治体まで
  • 控除されるのは控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた全額
  • 確定申告を必要とする自営業者や医療控除費などを受ける人は利用できない

この3点です。

詳しくは下記の表で↓

ワンストップ特例制度 確定申告
寄付先の数 1年間での寄附先は5自治体まで 寄附先の数に限りがなく、複数の自治体に寄附できる
申請方法 寄附した先の各自治体に申請書を提出する 税務署に寄附金受領証名書を確定申告書類と一緒に提出
税金控除の仕組み 住民税から全額控除。寄付額32,000円とすると控除額はそこから2,000円を引いた30,000円なので住民税の実質自己負担額は2,000円 所得税と住民税の控除。寄付額32,000円とすると控除額はそこから2,000円を引いた30,000円なので実質自己負担額は2,000円

ワンストップ特例制度は、年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄附金控除が受けられる仕組みです。申請書を寄附した自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。

※確定申告を必要とする(自営業者、医療費控除などを受ける)方はご利用できません。

ふるさと納税のやり方

ふるさと納税のやり方はとてもカンタン4ステップです!

  1. 控除上限額を調べる
  2. 寄附する自治体を決めて申し込む
  3. 寄附金受領証明書と一緒に返礼品が届く
  4. 税金控除の手続きを行う

控除上限額を調べる

実際に自治体を決めて寄附を申し込む前に、自分の控除上限額を確認しましょう!

自分の家族構成や年収によって「ふるさと納税」で控除される金額が変わってくるので、ひとり一人が控除上限額を知っておく必要があります。

寄附する自治体を決めて申し込む

応援したい地域やお礼の品からどこの自治体がいいかを選びます。

気に入った寄附先を決めたら「ふるさと納税」ができるサイトから申し込みをしましょう。

場所によってはクレジットカードでの支払いに対応していない自治体がありますが、上士幌町はいち早くクレジットカード払いに対応したので、申し込みと同時に寄附が完了するという簡単、便利仕様になっています。

ちなみにオススメの「ふるさと納税」ができるサイトは楽天市場です。

楽天ふるさと納税

  • 楽天ポイントが貯められる
  • サイトが見やすくわかりやすい
  • 楽天スーパーセールでさらにお得になる

以上の理由から楽天ふるさと納税はオススメです。

楽天市場 

もうひとつのオススメはさとふるです。

さとふる

こちらはテレビCMなどでもお馴染みのふるさと納税サイトで、定番中の定番。人気なだけあってサイトも見やすくわかりやすいです。楽天ポイントとかに興味のない人はこっちでもいいかもしれません。

さとふる

寄附金受領証明書と一緒に返礼品が届く

自治体から、寄附のお礼として「返礼品

その証明として寄附金の領収書である「寄附金受領証明書」が届きます。

  • 返礼品の到着は自治体や内容によって変わります
  • 「寄附金受領証明書」は確定申告で必要になるのでなくさないでください

税金控除の手続きを行う

税金の控除を受けるためには「確定申告」または「ワンストップ特例制度」の申請のどちらかの手続きが必要です。

「確定申告」の代わりに「ワンストップ特例制度」を利用する場合には、寄附先の自治体へ寄附金税額控除に係る申告特例申請書というものを、マイナンバーと本人確認書類(免許証のコピーなど)を添えて提出する必要があります。

上士幌町の返礼品の紹介

 

十勝ナイタイ和牛

十勝・上士幌町で生まれ育った牛の中でも4・5等級の肉のみ与えられる栄光の称号。それが「十勝ナイタイ和牛」です。公共牧場としては日本最大級のナイタイ高原牧場にちなんだブランド牛。最上級のうま味に舌がとろける肉です!

十勝ハーブ牛

17種類のハーブを混ぜた良質なエサで育てた牛肉。肉本来のうま味が楽しめるサーロインステーキやジューシーで自然な風味が味わえるコンビーフがオススメです!

十勝の牛乳から生まれた甘い品々

十勝・上士幌町には北海道の中でも牛乳出荷量ナンバー1の牧場をはじめ、十勝にこだわった素材を厳選したところや放牧を極めたところなど、魅力的な牧場が多数あります。

その圧倒的なクオリティの乳製品で、累計申し込み件数が10万件を余裕で超えるほど!アイスやミルクジャムなどが人気です。

ふるさと納税まとめると

意外とカンタンなふるさと納税のやり方と、オススメふるさと納税サイトを紹介しました。

返礼品を楽しめて、節税もできて、気に入った自治体を応援できる。

まだやっていない人がいたらぜひ!まずは楽天市場のふるさと納税ページやさとふるのサイトから返礼品を見て、わくわくすることから始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です